音戸イロリバHOUSE

- 土壁のある家 -

赤い音戸第1大橋と音戸第2大橋

広島呉市音戸

音戸は、呉市にある離島(倉橋島)にあります。呉の市街地までは、車で20分ほど。 本土と島を結ぶ赤い音戸第1大橋と音戸第2大橋は、まさに音戸の象徴です。 橋の足元に残る風情ある街並みは、100年近い古民家もあり散策にもおすすめ。 古民家カフェ、雑貨屋、アトリエが並び、 そこに音戸イロリバHOUSEがあります。

平清盛の伝説

平清盛の伝説の地

音戸をつなぐ橋の下には、毎日たくさんの船が行き来していて、幅が狭い箇所で約80メートルしかありません。実は古代には、島は本土とつながっていて、それを開削したのが、平清盛であるという伝説があります。その工事の際に、沈む太陽を戻すために「日招き」したとも。その海峡をつなぐ小さな渡船で対岸の温泉施設へ。

造船の町

呉市は、造船の町

呉の市街地から音戸へ行く道路から、いくつもの造船所のドックを見ることができます。建造中の大きな船があります。さらに海上自衛隊もあり、巡視船や潜水艦も。かつては海軍があり、海軍工廠という研究機関もありました。さらに古代には、倉橋島では遣唐使船も造られたという伝説もあり、船との関係性が高いのです。

音戸

倉橋島のハブとして

音戸という場所は、ここを拠点にすると、車でいろいろな場所へ出やすいメリットがあります。呉の市街地、広方面、さらに御手洗へ。また倉橋の桂ヶ丘浜、さらに橋を渡って江田島へもアクセス簡単です。海沿いのルートを走れば、どこからでも瀬戸内海の多島美の景色を堪能できます。足を延ばして、東広島の西条や広島市街へも。

小路の猫、ギャラリー、古民家カフェ、お花屋さん

小路の猫
ギャラリー
古民家カフェ
お花屋さん

瀬戸内海の時間の使い方
島めぐり、釣り、海遊び、老舗割烹、造り酒屋

音戸で釣り
音戸で海遊び
老舗割烹 戸田本店
造り酒屋 華鳩

音戸イロリバHOUSEの近隣の路地裏散策

音戸イロリバHOUSEの近隣の路地裏
音戸イロリバHOUSEの近隣の路地裏
音戸イロリバHOUSEの近隣の路地裏
音戸イロリバHOUSEの近隣の路地裏