運営会社とストーリー

瀬戸内海の魅力を発見して発信したい

私は2018年11月下旬に、2泊3日の総勢7名の呉市の離島への視察ツアーに参加し、地元の穴場スポットや暮らし、さらにキーパーソンとなる若手人材も紹介いただいた。その際に、初めて「音戸」という地名を知ったほどだでした。

瀬戸内海の離島では、空き家が加速度的に増えている現状を、広島県庁が進める交流事業である「ひろしま里山ウェーブ」に参加し、その視察ツアーで目の当たりにして驚きました。離島の建物は老朽化が進み、やがて廃屋になり、一方で年配者の生活がそこに存在しています。 そのいくつも回った離島の集落の中で、音戸の引地エリアに魅力を感じ、ここで何か貢献したいと考えるようになったのです。思いついたのが、古民家を次の世代へ引き継ぎ、日本の伝統的な建築を保存することでした。古民家を維持していくためには、メンテナンス費用がかかります。そこで収益物件を目指すべく、宿やシェアスペースに転換していくことに。さらに、東京と広島をつなぐ新しい取り組みもしたいと考えました。東京の西荻窪で民泊やイベントスペースをやっているので、そのノウハウを音戸でいかせ、外国人旅行者へ案内もできるのではないかと。

交流を目的にして、人が語り合える「囲炉裏」と人が集まる「場」を足して、イロリバとしました。

そして、ここ音戸イロリバHOUSEは、「豊かな時間をつむぐ」をコンセプトに、立ち上げることにしました。「ひろしま里山ウェーブ」で親交を深めた地域の方々、地元にある呉高専の生徒さんたち、さらに塗り壁隊の面々にもサポートいただき、2020年にリノベーションが完了。

代表者

オーナー夫妻のイメージして作家のくまださよこさんが製作

運営会社:イロリバ合同会社
事業所在地:広島県呉市音戸坪井1丁目2-18
電話番号:非公開(宿泊確定者にご通知)
本社住所:東京都杉並区今川4-8-21
代表者:此松陽子
創業:2019年6月
音戸イロリバHOUSEの開業:2020年3月 グランドオープン:同年10月
旅館業法の許可番号 | 広島県呉市保健所 | 呉保生指令第3001号