音戸の朝を楽しむ

音戸イロリバHOUSEは

あなたにとって「豊かな時間をつむぐ」

そんな場でありたい

朝は、船のエンジン音の響きで目が覚める。

窓から見える音戸の瀬戸を行き交う船。

オーナーが焙煎したコーヒー豆を挽き、自らコーヒーを淹れる。

そしてオーナーの奥様が焼いた天然酵母パンを食べる。

音戸イロリバHOUSの朝は、そうやって始まる。

「島時間」という、ゆったりした時間の流れに身を任せ、いつも感じない「余白ある時間」をかみしめる。

さて、あなたにとっての「豊かな時間をつむぐ」とは何なのか、

それが見つかる場でありたい。

それが私たちの想い。

朝の光が、窓から差し込んで来ます。

窓の先には、音戸の瀬戸があります。ちょうど、正面に駐車場があって、1ブロック先の海が見通せるのです。行き交う船をみながら、コーヒーを楽しめますよ。

朝の自家製パンと自家焙煎コーヒーは、一人分を無料サービスとしております。やり方等は、家守にお尋ねください。

1 thought on “音戸の朝を楽しむ

  1. WordPress コメントの投稿者 says:

    こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

Comments are closed.