音戸とは

音戸は、旅のゲートウェイとして注目のエリア

広島県、呉の市街地から瀬戸内海への玄関口にあり、倉橋方面や江田島方面へアプローチが抜群です。牡蠣の養殖をする筏を穏やかな海に望むことができます。

さらに、音戸自体も散策するのに適した場所です。宿の正面にある音戸の瀬戸は、平清盛のゆかりのある歴史的エリアです。かつては、本土とつながっていた地形を軍事的目的で、平清盛は開削を命じて、その工事の完成を急ぐために日招きして夜になるのを遅らせたという伝説があります。

宿のある細い道は、平安時代から続く古代の道で、戦前は、商店街として賑わい町屋づくりが軒を連ねています。昔ながらの建物と現代の暮らしがミックスした場所です。

宿の通りには、古民家カフェの天仁庵という憩いの場があります。

2つの真っ赤な音戸大橋が、このエリアのシンボルです。左手の大きな建物がうず潮館という観光施設です。レストランも併設されています。歴史ある音戸渡船も体験ください。そして対岸の警固屋には、温泉施設もあります。